面接対策と鉄壁のシナリオ

面接対策と鉄壁のシナリオ

何枚も何枚も職務経歴書を見る経験を積んでいくと、
矛盾のある書類からは胡散臭いにおいがプンプンしてくるのですよ。

 

話の内容で引っかかる部分を見つけたら
同じ質問を違う角度から投げかけて探らせてもらっています(笑)

 

幾分失礼な言い方になるかもしれませんが、
詐称が軽々と通る会社に内定をもらって入社しても、
所詮それを見抜けない程度の会社・・・という事です。

 

 

その逆で、
馬鹿正直に言わなくてもいいのに・・・と思うケースもあります。

 

これは私の経験からの話ではありませんが、
人事が内定を出す気で面接をしている場面で、
職務経歴に理由不明の1年のブランクを見つけ、
それについて応募者にワケを問いました。
それに対しその応募者は
「何もしていませんでした!!!」
とそれはそれは正直に答えたそうです。

 

 

そう聞いてしまったからには内定を出すわけにはいきません。
せめてウソでも
「親の具合が悪かったので、時間の都合がつくアルバイトをしていました」
ぐらい答えてくれれば良かったのに
・・・と残念がっていました。

 

次ページへ

スポンサーリンク

 


inserted by FC2 system