面接官にわかりやすく伝えるコツと話し方

面接官にわかりやすく伝えるコツと話し方

話し方のコツとしては
「結論を先に言う」
のを心がけると良いです。

 

英語の文法のように
まず結論を先に言って理由を付け加える
といったカタチが面接の場に限らず
多くのビジネスシーンでは有効なので憶えておくと良いでしょう。

 

聞いている側も理解しやすいですし、
そして何よりも話している自分が話す内容を頭の中で整理できるので便利です。

 

 

 

【具体例】
御社のHP等を拝見させて頂き、
○○な点と○○な点と○○な点に魅力を感じ応募させていただきました。
具体的に言いますと○○の点については・・・
○○の点については・・・
○○の点については・・・です。

 

このような感じで話すと、
あなたも頭の中が整理され話し忘れがありません。
あなたが整理しやすいという事は、
聞いている側も理解しやすいというわけです。

 

 

これは知っている方にとっては何という事もない
基本中の基本なのですが、
その基本があまりにもできていない方が多すぎるので、
敢えてここで紹介させて頂きました。
それでは次は志望動機に見る
「人間性と仕事に対するスタンス」に話を移しましょう。

 

次ページへ

スポンサーリンク

 


inserted by FC2 system