相手にインパクトを与える面接をするコツ

相手にインパクトを与える面接をするコツ

しかも今まで自身が行っていた面接が、
いかに恥ずかしいモノであったか・・・を理解する事ができるでしょう。
これによってあなた特有の「インパクト」を得る事ができます。
さらに会社についてコレだけ調べてきたのだ・・・という自信を持って
面接を受ける事ができます。

 

 

自信を持ってのぞむ事で
質問の回答にも自然と力がこもり相手にも伝わります。
気持ちに余裕が生まれリラックスもできます。

 

すると面接官が質問に込めている意図を
相手の立場に立って汲み取る事ができるようになります。
そうなると突飛な質問にもアタフタせず臨機応変に対応する事ができるのです。

 

今回お話させて頂いたような
ほんの少しの努力をする事によって、
今までのような「その他大勢の応募者」から
面接官に印象を植え付ける事のできる
「インパクトを持つ候補者」

 

 

になる事ができるのです。
そもそも書類選考を通過する事ができたのですから、
少なくとも書類上では
「会って話してみたい」と採用担当者に思われているのは
間違いありません。

 

次ページへ

スポンサーリンク

 


inserted by FC2 system